セキュリティステッカー

シールを貼る事で生まれる価値。
万が一、携帯電話やパソコン等大事なものを紛失した時即日戻ってくる
可能性を発見通報システムで高めます。

セキュリティステッカーとは

POINT 01

稼動数約30万ID

POINT 02

発見通報数約2万件/年

POINT 03

公的機関からの連絡率94%

プライバシーも守れる遺失物発見の連絡が貰えるシステム

ご利用者ごとに異なる10桁のID番号と遺失物発見時の通報者用フリーダイヤルが記載されたステッカーです。
拾得者や警察などからシールに記載された専用フリーダイヤルに電話してもらうと、予め登録した電話番号に自動的に転送されるシステムで、電話番号などの個人情報を一切相手に知られず、拾得者から連絡を受けることが可能です。

(システムにより24時間対応)

サービス詳細・機能一覧

サービスご利用例

携帯電話やPC等の「落し物発見」をサポートします

いつもご利用しているものに、シールを貼ります。
拾得者が記載されるフリーダイヤルに電話をすることで電話番号の個人情報は相手に知られずに、拾得者と直接つなぎます。

システム稼働実績

現在38万IDが稼働、
年間2万件ほどの発見通報実績があります。

紛失してから即日に発見通報されています=90%
拾得者=交番・交通機関・飲食店等からの連絡率=94%
有効稼働ID数 382,116 ID → 発見通達点数 20,342

ご利用者メリット

大事なものを万一紛失した時、「落した現物」が即日戻ってくる可能性を高めます。

発見通報実績のうち、90%以上が即日で戻ってきている状況です。
それにより

1.個人情報漏えいリスク回避+資産紛失リスク回避

即日返却が実現されることで、電子機器・携帯などの再購入、設定等の追加コストを防ぎます。

2.紛失した際の社員の生産性低下を防ぎます

即日返却が実現されることで、相手先電話番号がわからない等の営業活動の支障を防ぎます。

3.会社としてセキュリティに対する姿勢を内外に示せます

対株主に対してのセキュリティへの取り組み姿勢アピール、社員への個人情報保護等への意識啓発に役立ちます。


リスク回避にかかるコストについて

ランニングコスト

シール1枚あたりの費用=月約19円になります。

※ご契約は1年単位となります。

導入スケジュール

  • STEP 01

    ヒアリング、
    サービスの詳細説明

  • STEP 02

    ご利用数の確定・ご発注(お客様)

  • STEP 03

    納品

  • STEP 04

    電話番号登録

  • STEP 05

     サービス開始 

お客様からの声

通報事例

  • 携帯電話を落としたらしく、やむなく遠隔ロックしましたが、交番から通報をもらい、その日のうちに回収できました。
  • 会社貸与のPCの入ったバッグを飲み屋さんに忘れたことに気づかずタクシーに乗っていたところ、お店からすぐに通報があり助かりました。
  • セルフのSSでクレジットカードをうっかり抜き忘れたところ、すぐにSSから通報が来て助かりました。
    次にカードを使用する際まで気づかないところでした。
  • 車や自宅のカギ束(キーホルダー)を紛失し困っていたところ、個人の方から通報をいただきました。
    連絡先を記すと危険なものだけにIDによる自動転送は助かりました。
  • 迷子になっていた飼い犬が保健所からの通報により戻ってきました。

セキュリティステッカー

携帯電話やPC等の「落し物発見」をサポート!

携帯電話パソコン等の紛失物発見と通報をサポート

1.個人情報漏洩・資産紛失のリスクを回避
2.情報セキュリティの姿勢内外にアピール可能

24時間
対応

安心を1枚19円の低価格のコストで実現
発見通報の去実績で90%が紛失当日に

総務、経理業務でコスト削減や業務省力化をお考えのご担当者の方、
まずは一度弊社にご相談くださいませ。

資料請求・お問い合わせ

サービス一覧